ペニス増大サプリで早漏改善やED改善するという噂の真相を調べてみた

成分・効果

ペニスの増大をサポートする成分がたっぷり詰まったペニス増大サプリですが、早漏改善ED改善の効果も期待できると言われています。

早漏は短小と同じく、多くの男性がコンプレックスに感じやすいポイントです。
30代以降の男性に多いとされているED(勃起不全)は正常に勃起しなくなる男性ならではの悩みです。

ペニス増大サプリによってこれらの点が改善されると言われている理由や根拠はあるのでしょうか?

早漏にペニス増大サプリは本当に有用なのか


ペニス増大サプリが早漏に有用なのか、それを知るために早漏とはなにか、なぜ早漏になってしまうのか、早漏を改善する為にはどういうことが必要なのか、
順を追って紐解いていき、ペニス増大サプリに配合されている成分や期待できる効果から正しいのか見ていきましょう。

そもそも早漏とは?─性行為時に挿入して数秒もしくは1分以内に射精をしてしまう状態

早漏とは一般的に性行為時に挿入して数秒もしくは1分以内に射精をしてしまう状態挿入時に射精を遅らせることがほとんど不可能な状態などに該当する場合、早漏と言われているようです。
日本国内では成人男性の約4人に1人が早漏だと推定されているようです。

早漏だと何が問題なのか?─パートナーとの不和、草食化などの原因に

早漏であることで一番の問題としては、パートナーを満足させることができずセックスレスに陥る可能性があるということです。
もちろん、性行為というものはお互いが満足できることが大事なので挿入時間が10秒足らずだとしてもお互いが満足していれば問題ありません。
しかし、TENGAが約500人の女性に理想の挿入時間を聞いたときの平均は「約10分」という結果がでているようです。
また、自分が早漏であることを認知することで自信を失い女性に積極的になれず草食化してしまう可能性も出てきます。

ちなみにアメリカや諸外国では早漏は病気として認識されている国もあり、離婚の理由としても正式に認められていたりするようです。

早漏の原因は?─身体的なものでなく心因性の場合が多い

なぜ早漏の男性とそうでない男性がいるのか。
早漏の男性はそうでない男性と何が違うのか。

早漏の多くの原因は身体的な理由よりも心からくる場合が多いようです。
性行為を初めて行ったり不慣れな時期には自らの性欲をコントルールできず結果として早く射精をしてしまうことが多いと言われています。
その経験がトラウマやコンプレックスとなり「またすぐ射精してしまうかもしれない」という不安からストレスとなり結果として射精してしまうというのが心因性の早漏です。

身体的な理由からなる早漏には過敏性早漏というものがあります。
ペニスやペニス近辺の神経が敏感であるために、脳が性的刺激を受ける前に反射的に射精をしてしまう場合が過敏性早漏にあたるようです。
また、包茎気味で普段は亀頭が皮に覆われているため亀頭に対する刺激に耐性がない人が性交時に皮をむいて亀頭に直接刺激を受けることで過敏性早漏になりやすいとも言われているようです。
自慰行為を早く終わらせるためにすぐに射精をする癖をつけている場合もこの状態になりやすいそうです。

早漏を改善するには?─自慰でのリハビリ、カウンセリング、薬での治療など様々

早漏を改善する手法は複数あります。
どの手段をもって改善を目指すのかを選ぶには早漏が心因性によるものなのか、肉体的な問題なのかをはっきりさせなければなりません。

心因性の早漏の場合にはカウンセリングでトラウマやコンプレックスを解消していくアプローチになります。
しかし性に関するトラウマやコンプレックスを人に話すということはなかなか勇気が必要です。
そういった場合には自慰行為でリハビリを行うことが有用です。
自慰行為によって刺激を受けやすい部位などを理解しつつ、刺激への対応方法や射精しそうになった時に耐える方法を習得するリハビリです。
リハビリを行うことで気持ち的に「リハビリしたから大丈夫」という心理状態に持っていければとても有用そうです。

薬物治療という手段も挙げられますが、薬には副作用というものが存在し感度が低下するなどの影響があるようです。
また、海外では治験を行い効果が認められた薬もあるようですが、残念ながら日本では認可されていないようです。

ペニス増大サプリは早漏に効果的なの?─自信を取り戻すことで多少の改善は期待できるかもしれない

早漏について知識を深めてきましたがここで本題のペニス増大サプリで早漏は改善できるのかということについてみていきたいと思います。

早漏の原因の多くは心因性によるものでした。
これらは過去の経験からトラウマやコンプレックスという不安やストレスが原因です。
ペニス増大サプリでペニスを大きくすれば自分に自信がついてそんなコンプレックスも無くなる。

と、いうのは簡単です。

成分的なアプローチはないものか。
そこでペニス増大サプリに配合されている成分で精力増強が見込める成分に着目してみました。
主にマカガラナなどの成分です。
マカは必須アミノ酸や鉄分、カルシウムなどを多量に含んでおり、またなんといっても精子の原料である亜鉛を豊富に含んでいる点がポイントです。
一方のガラナも、過去の臨床実験によって精力強壮作用が認められている成分のひとつ。
これらの働きによって射精後にペニスが萎えにくくなる、射精のタイミングをコントロールしやすくなるといった効果が見込めます。

ただし、これらの成分でも直接的な早漏の改善できるかと言われると、少し難しそうです。

結論:ペニス増大サプリで早漏改善ができるとは言えないが、ペニス増大サプリを摂取しているという事実が自信を与えてくれることで改善する可能性は少なからずある。

ED改善にペニス増大サプリは本当に有用なのか


ペニス増大サプリはEDの改善に有用なのか、それを知るためにEDとはなにか、なぜEDになってしまうのか、EDを改善する為にはどういうことが必要なのか、
順を追って紐解いていき、ペニス増大サプリに配合されている成分や期待できる効果から正しいのか見ていきましょう。

そもそもEDとは?─勃起しない、勃起が維持できないなど勃起機能の低下

EDとhack(Erectile Dysfunction)の略です。
Erectileとは勃起性の、Dysfunctionとは(身体器官の)機能障害という意味です。
つまり日本語にすると勃起性の機能障害ということになります。
勃起機能障害、勃起障害と言われる以外にも陰萎とも呼ばれているようです。

症状としてはペニスが勃起しない、または勃起をしても維持ができない状態を指します。
勃起が維持できない、ということから性交時の途中で元に戻る「中折れ」もEDとされているようです。
日本性機能学会の定義では性交時の75%以上で上記のような症状が出るとEDということになるようです。

EDの症状の多くは加齢とともに現れることが多いようで、特に40代以降の男性に見られることが多いようです。

EDだと何が問題なのか?─パートナーとの不和だけでなくうつや頻尿と関係している

性交時にペニスが勃起しない、中折れするなどが起こるとパートナーと満足な性行が行えずお互いに満足できないことから関係が悪化する可能性が高くなります。
また、最近ではそのような問題だけでなく頻尿やうつとも密接な関係があると言われているようです。

EDの原因は?─加齢による場合とストレスによる場合など様々

EDは40代以上の男性に多く見られる症状であるため加齢により肉体の老化が原因のひとつと言われている一方で、若い男性でもストレスなどが原因でEDになる可能性があることがわかっているようです。

ストレスが溜まることで自律神経をはじめとする神経系に不調が生じます。
その結果、性的刺激を得てもその信号がペニスに伝わりにくくなり正常に勃起しなくなることがあると考えられているようです。
また、早漏と同じように性経験が少ないことから自信を失いいざ性行為という場面で緊張してしまい精神状態が不安定になり、正常に勃起しなくなることがあります。
さらに、EDになることで大きな精神的ショックを受けて状態がより一層悪化する、といった悪循環に陥ることも考えられます。

EDを改善するには?─身体的な場合は医者や薬、心因性の場合はカウンセリング

EDを改善するにはバイアグラなどの薬を服用する、というのが一般的なイメージではないかと思います。
このような場合は病院に通い、お医者さんと相談をしたうえで適切な治療や薬を選んでいくことになります。

心因性のEDの場合は早漏改善と同じくカウンセリングに通い少しずつトラウマやコンプレックスを解消していくアプローチになります。

ペニス増大サプリはEDに効果的なの?─アルギニンはEDに効果的という実験結果が出ている

それでは本題のペニス増大サプリはEDに効果的なのか、ということですが一部のペニス増大サプリを除いて効果は期待できないというのが正解のようです。

ペニス増大サプリに配合されているアルギニンはEDの改善に効果的だという検証結果も出ているようなので、今回その情報元を探してみました。
「L-Arginineの不妊治療における効果」(外部サイトに飛びます)にてその検証について記載がありました。

このページの報告によると、ED患者15人に1日約3000mgのアルギニンを2週間投与すると40%の患者に勃起力と性交率の改善が見られたとあります。
また、1日に1500mgのアルギニン投与した場合はEDの改善は見られなかった、ともあります。

このことから、1日に3000mg以上のアルギニンを摂取できるペニス増大サプリであるならばED改善は期待できなくもないと考えられます。

しかし、それだけのペニス増大サプリはなかなか存在しないようです。
そういうこともあり、ペニス増大サプリでED改善を目指すのは少し厳しそうです。

結論:ペニス増大サプリで1日に3000mg以上のアルギニンを摂取できればEDを改善は期待できなくもないが、基本的には医者に通うのがベター。